2018年11月に移転開院しました!

(伏見桃山駅前から精華町役場前に移転)


当院の施術対象

●難治症状からフェイスケアまで幅広く対応

●心因性症状の施術実績も多い

●完全個別施術(複数の同時施術なし)

●高性能のレーザー系医療機器を設置

●衛生・安全管理を徹底(下記に例)

当院は2004年、京都市内に開院し小規模ながら国内外の多くの方々のご支持をいただき運営してまいりました。西洋医学では改善が難しい様々な症状にも向き合ってきました。大学病院や総合病院を経由して来院され、鍼灸療法によって症状が大きく改善した方も少なからずおられます。国立大学の附属病院にも鍼灸外来が設置される時代になりました。鍼灸療法をお試しなる価値は十分にあると思います。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《院の正面》1階の路面テナントで入り口の段差はほとんどありません。接道(前道)の交通量は少なく静かな環境です。なお、当院は完全予約制ですので入り口付近に大きな広告看板等は設置していません。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《施術室》広めの施術室で、“完全個別施術”を行っています。同時に複数の施術は行っておりません。ご利用者おひとりに集中できる環境で、衛生・安全を徹底し、プライバシーを守り、十分なコミュニケーションを取りながら施術を進めます。他の利用者を気にすることなく症状や生活習慣などを伝えていただくことにより、重要な施術ポイントや生活習慣の改善点を見つけることができます。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《待合室と受付付近》天然木や石材も使用し落ち着いた内装です。洗面室以外は段差が小さい院内です。院のマスコットと愛称に関連して入り口の開閉音はカッコウの鳴き声、BGMは“奈良十津川村”の川のせせらぎと小鳥の収録音、壁のパネルは森の写真、全体の雰囲気は“森”をイメージしています。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《待合室》完全予約制のため、長時間お待たせすることはありませんが、調度品や照明などを工夫し、リラックスできる空間にしています。

医療系書籍や養生本は私が学生時代から集め厳選したものを並べています。写真のチェアは春夏用です。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《待合室》秋冬用のチェアです。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《受付カウンター》天然木を多く使用しています。奥は控え室です。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《洗面室》明るい前面照明で、フェイスケア後のお顔の確認にもお使いいただけます。ここには純白のデザイナーズチェアが置いてあります。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《中央室》各室につながります。右が予備室、奥は洗面室です。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《国産の高性能レーザー系医療機器を設置》低出力のレーザー療法は、体細胞を活性化し自然治癒力を高めることが国際的にも認められています。多くの大学病院や麻酔科ペインクリニックなどでも採用されている安全な療法であり、手術等で使用される高出力レーザーとは異なり体細胞を傷つけることはありません。レーザー系医療機器は病院勤務時代から操作しており、星状神経節の照射等も麻酔科医師の直接指導を受けております。

《低出力レーザーの照射》照射時は温感が少しある程度で無痛です。

低出力レーザー施術(星状神経節照射)による顔面部の変化をサーモグラフィーで撮影。写真左が施術前、右が施術後で明らかに表面温度が上昇しています。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《施術用の低出力レーザー》安心の日本メーカーの医療機器です。

《研究用の低出力レーザー》安心の日本メーカーの医療機器です。別所(下記)の研究・事務室に設置しています。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《施術用のキセノンレーザー》安心の日本メーカーの医療機器です。

《国産セイリン社の鍼製品》当院の鍼製品は全てセイリン社(日本製)のディスポ製品(使い捨て)を採用しています。中国等の海外製は使用しておりません。セイリン社は世界最高水準のメーカーです。

《医療用グローブ》当院では鍼施術の際は医療用グローブ(使い捨て)を着用しております。 現在、日本の鍼施術において、素手による施術は法的には問題はありませんが、海外では衛生管理の点から素手による施術を禁止している国が増えております。

《電子灸》温度が3段階(弱中強)に正確に設定できるので、顔面部も含めて全身の灸施術が可能な医療機器です。

《防水不織布のカバー類》衛生管理を徹底するため、防水タイプの不織布カバー類を使用しています。

《抗菌スリッパ》殺菌灯不要で安全かつ抗菌性の高い抗菌製品(SEKマーク認証)を使用しています。色は当院の特注です。

<医療廃棄物の処理>当院は2004年の開院時から医療廃棄物処理会社(京都府公認)と契約し、適正に処理しています。

<地震報知器>「鍼の施術中に地震が起きたらどうなるんですか?」のご質問は多いです。当院は衛生・安全管理も徹底しており、同時施術をしない“完全個別診療”は衛生・安全のためでもあります。院内に地震報知器を設置し、地震時にいち早く対応できる体制をとっております。実際に開院以来、施術中に2度の地震を経験しましたが、対策を講じていたために的確な対応ができました。万が一に備えることの重要さを実感しています。

<防災用品>万が一に備えて、防災ヘルメット等も設置しています。

↑クリックで拡大します
↑クリックで拡大します

《当院の愛称》passero(パッセロ/イタリア語“すずめ”)精華町の里山には多くのスズメ科の小鳥が生息しており、院のマスコットと愛称にしました。ちなみに鍼療法には“雀啄(じゃくたく)”という名称の技法があります。


当院の施術対象

《当院の主な施術》

◆改善系> 慢性症状の改善・体質改善

難症からの“再起”、つらい症状や体質の“根本改善”を目標にした施術です。

◆予防系> 体調管理・疾病予防・再発予防

仕事も家事も勉強も健康でなければ辛い毎日となります。“予防”が最も大切です。

◆美容ケア系> フェイスケア・ヘッドケア

さまざまなストレスで顔面部や頭部にもダメージ、“第一印象”を決める部位に美容ケアを!男性の方も!

《施術実績の例》

◆【運動器系】・・・肩こり、慢性腰痛、頚椎捻挫、頸肩腕症候群、五十肩(四十肩)、腱鞘炎、椎間板ヘルニア、 脊柱管狭窄症、関節リウマチ、関節痛、筋肉痛、繰り返す捻挫など ◆【消化器系】・・・胃炎、十二指腸潰瘍、口内炎、便秘、下痢、クローン病、潰瘍性大腸炎、痔など ◆【循環器系】・・・ 高血圧症、低血圧症、不整脈など ◆【神経系】 ・・・顔面神経麻痺、三叉神経痛、、肋間神経痛、坐骨神経痛、頭痛、歯痛など ◆【呼吸器系】・・・扁桃炎、気管支炎、喘息など ◆【内分泌系】・・・糖尿病、甲状腺機能障害など ◆【泌尿器系】・・・慢性腎炎、膀胱炎、前立腺肥大など ◆【感覚器系】・・・眼精疲労、黄斑変性、鼻炎、副鼻腔炎、耳鳴り、メニエール症候群、めまいなど◆【婦人科系】・・・生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫、月経異常、更年期障害、冷え性、不妊など ◆【その他】 ・・・花粉アレルギー、アトピー性皮膚炎、脱毛症、男性不妊、自律神経失調、摂食障害、うつ(鬱)、パニック障害、西洋医学の治療の副作用(抗がん治療、不妊治療等)など ◆【美容系】フェイスケア、ヘッドケアなど ◆【コンディショニング】各種スポーツ、声楽、演奏、バレエ、ダンス、受験(難関校、難関資格等)など

《施術の不適応症》

※重篤な症状は病院での検査、治療を最優先してください。

急性伝染病(インフルエンザ、風疹、結核など)・急性腹症(激しい腹痛)・血友病・壊血病・紫斑病・免疫不全症・重篤な心疾患・悪性腫瘍・肺炎・血圧が著しく高い時あるいは低い時・酩酊時・精神異常時・光線過敏症(レーザー療法)・金属アレルギー(鍼療法はステンレス針を使用)・その他重篤な状態にある時。

 

◆問診等の結果、施術不可の場合があります。(その場合は初診料、施術料金ともに不要です)

《当院の施術が適した年齢》

当院の施術は、現役世代(15~64才)の方に適しています。18年の臨床経験から得た統計的な見解です。


当院は次のような方に適しています

●西洋医学の治療で改善しなかった

●病院で「心因の可能性」と診断

●薬はできるだけ控えたい

●精神的ストレスが多い

●長時間の鍼灸施術は苦手

●衛生面や安全面が気になる

●他のご利用者との同時施術が苦手


慢性症状発生のしくみとその治療

ストレス、パソコン・スマホ多用、長時間労働、受験、夜更し、過食、過酒、喫煙などが免疫力低下、血行不良、自律神経失調、消化力低下などを引き起こします。

身体は耐えきれなくなり痛み、しびれ、コリ、肌荒れれ、むくみ、アレルギー、冷え、のぼせ、イライラ、倦怠感、無気力、不安、消化不良、めまい、耳鳴りなどの慢性症状が発生します。

免疫力強化、自律神経調整、精神安定、血行促進、消化吸収促進

当院では対処療法ではなく、根本的な改善を目指した施術を行います。当院独自の「5つの基本処置」で自然治癒力を引き出し、各症状に対しては症状別の処置を行います難治の慢性症状にはレーザー系医療機器等も組み合わせた特別な処置を行うこともあります。また、「定期通院」のご希望者には施術効率を上げるために東洋医学に基づいた養生指導も行っております。

身体の健康を取り戻せば心も軽くなります。仕事や勉強の能率も格段に上がるでしょう。また、習得した養生法は一生の財産です。


養生の最高峰“気功”
養生の最高峰“気功”